もしかして性病?症状としておりものと痛みが出ていたので性病を疑い産婦人科を受診

年齢:20歳
性別:女性
病名:クラミジア
検査方法:病院
完治までの期間:約1週間
治療費:約6000円

性病を疑ったきっかけは、おりものと痛み

性交渉をした後2週間くらいたった頃に、おりものが増えたような気がしました。おりものが増えた事以外は、特に何もなかったです。

おりものが増える事自体は、排卵日に近くなるとおりものが増えることもあるし、特に気にしていませんでした。それから2週間くらいした頃、今後は生理痛のような痛みがしました。

生理かなと思っていたのですが周期が少しずれていたので、やっぱりなんか変だなと思い始めました。その後痛みが和らぐ事はなく、おりものに少し血が混じっていたので、病院に行く決意をしました。

この時はまさか自分が性病になんてなるわけがないと思っていたので、何か違う病気だと思っていました。今思えば、そう思いたかったのかも知れません。

不正出血で不安になり、婦人科を受診

どう考えても不正出血はおかしいし、なにか大変な病気になってしまったと思い、とにかく焦りました。

でも親や友達に相談出来なかったので、とにかくインターネットで検索しました。この頃は今みたいにスマートフォンで簡単に検索出来なくて、自宅にインターネット環境もなかったので、インターネットカフェで調べました。

調べれば調べるほど性病の疑いが出てきて、自分はなんてダメな人間なんだと自分を攻めました。当時は大学に通っていたので、親に学費も何もかも面倒を見てもらっているのに、性交渉をして性病になったなんて口が裂けても言えないなと思いました。

ただ、保険証使うと親にバレるので、病院に行く事だけ伝えていました。親に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

検査結果はクラミジア、涙が出そうに

判定はクラミジアで陽性でした。一人で産婦人科に行くときから気持ちは暗く、でも行かないと治らないし、でも行きたくないとウジウジしながら行ったのを覚えています。

検査は先生の前で大股を広げて、膣内の粘膜を採取する内容でしたが、本当に嫌でした。あんな明るいところで、初めて会った先生に下半身を見せるなんてこんな悲しい事は今までなかったと思います。

私がこんな思いをしているなんて相手は知らないんだろうなと思うと、だんだん怒りも湧いてきました。先生は、クラミジアと診断した際に、何か心当たりはありますか?と聞いてくれました。

あると答えると、性交渉の際は避妊をしないといけない事や、早く治療するように言われました。思わず涙が出そうになりました。

性病になった原因は5人ぐらいとの性交渉

当時の私は彼氏がいたのですが、たまにクラブでダンサーとして踊っていた事があり、そこで知り合った人と酔った勢いで性交渉をする事がありました。

5人くらいの人と性交渉をしたと思います。性交渉をする際は相手に必ず避妊をするように伝えてからしていたのですが、自分が酔っ払っているので、相手が本当に避妊をしてくれているのか確認したりする事はなかったです。

憶測ですが、5人のうちの誰かがちゃんと避妊せず、性交渉をした事があるのだと思います。ですので、相手が悪い部分はあると思いますが、それでも自分のわきの甘さや、大丈夫だろうという慢心の気持ちが、性病に繋がったと思いました。

そして改めて避妊がどれだけ大切なのかを気づかされました。

1週間の薬服用で完治。不安で押しつぶされそうに

1週間毎日薬を飲む治療をしました。先生に、毎日忘れず飲まないと治らないし、再発したりするから症状が良くなっても必ず飲みきるようにと言われました。

さらに、将来子供が出来にくくなると聞いて、それは絶対に嫌だと思いました。ただのクラミジア感染症なのに、将来子供が出来にくくなると聞いて、その恐ろしさに息を飲んだので今でもはっきり覚えています。

薬は一週間きっちり飲んで、その後病院で検査をしたのですがクラミジアは完治していました。初めて病院に行った時は不安で押しつぶされそうでした。

治療をしている時は、絶対に早く治すぞと意気込んでいました。そして自分が性病になっている事は、誰にもバレないようにと思っていました。

二度とこんな恐怖は嫌

性交渉の際は避妊を徹底しています

病気は進行している!早期発見、早期治療を

とにかく早期発見、早期治療をしてほしいです。今こうして悩んでいる間も病気は進行しているので、自分の明るい将来のためにも病院に行ってほしいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です