女性器(陰部)から白いものがボロボロ出て来た!不安で病院を受診した結果・・・

年齢:20歳
性別:女性
病名:カンジタ
検査方法:病院
完治までの期間:約2週間
治療費:0円

下半身から白いものがボロボロ出て来て不安に

下半身からなんだか白いものがポロポロと出てきて不安になりました。

当時性病の知識が全くなかったのでカンジタという言葉も知らないという状態でした。

鏡を見て綿棒で何度も何度も書き出しても出てくるのです。

性交渉は当時持っていたので彼氏にも相談しましたが、当時の彼氏も性病についての知識はなく、お互い浮気といった兆候もなかった為誰からもらってきたのかも分からないという状態でした。

何となく性病は怖い、将来子供が産めなくなるかもしれないという漠然とした不安を抱きましたが友人などには相談することもできずに悶々としていました。

その後ネットで色々と調べてみたところおそらくカンジタという病気なのではないかということは分かり、病名の見当がついて少し安心しました。

性病ならしっかり検査して治療を!

自分の勝手な判断で決めてはいけないと思い、性病なら性病でしっかりと検査して治療をしてもらおうと思い受診を決意しました。

でも決意してから実際に受診するまでに2日かかったと思います。

近くで女性の先生がいる産婦人科を探して一人で行きました。

その時当時の彼氏はついてきてくれなくてちょっと頼りないなと思ってしまいました。おそらく私の浮気を疑われていたのでしょう。

生まれて初めての産婦人科でとても緊張した記憶があります。

検査方法はまずクスコのようなものを膣に入れて先生に見てもらったと思います。

緊張しすぎてすごく力が入っていたようで力を抜いてくださいねーっと言われて恥ずかしかったです。見た後は問診票を使って先生とお話をしました。

検査の結果カンジタだった

やはりカンジタとのこと。

他の性病の兆候は今のところ見られないので安心して良いと言ってもらえて安心しました。

当時の気持ちとしてはとりあえず病名がはっきりして安心したとういうこと、そして本当に性病だったのか、私が何で性病なんかになってしまったのだろうという絶望感がありました。

そういう病気はもっと貞操観念が低い人がなるもので、私なんかがなるわけがないというよく分からない自負があったので自分が性病にかかってしまったことにとてもショックをうけたのです。

性病にかかってしまったら子供が産めなくなるかもしれない、最悪死ぬかもしれないといったことまで考えてしまい頭がぐるぐるしてしまいました。結局何の覚悟もできてなかったのです。

原因は膀胱炎治療のための抗生物質の副作用!

私の場合は異性との性交渉などでカンジタに感染したわけではありませんでした。

当時の私は膀胱炎を患って泌尿器科に通院しており、その治療の為に強めの抗生物質を服用していました。

その副作用で下半身の菌のバランスが不均衡になってしまい、そもそも膣に存在しているカンジタ菌が増殖してしまったとのこと。

これは問診にて先生にお話しいただいて分かったことです。

ですので私が悪いわけでもなく、彼氏が悪いわけでもないということが分かったので安心したと同時に彼氏が私のことを疑って病院に付いてきてくれなかったこと、あまり心配してくれなかったことがとても悲しく思えてしまいました。

それが楔となって存在してしまい、その後別れる原因の一つになったことだけは確かです。

抗生物質の服用をやめたら、症状がなくなった

特に治療は必要ありませんでした。

というのも私の場合は下半身の菌のバランスを崩している原因が膀胱炎の治療の為の抗生物質でしたので、それを服用しなくなったらおそらく治るだろうからそれまで様子を見ましょうということでした。

先生の言うとおり、抗生物質を服用しなくなってしばらくしたら綺麗サッパリと治ってしまいちょっとあっけらかんとしてしまいました。

先生が言うには膀胱炎の治療中にカンジタになってしまう患者さんは多いとのことです。

それならそれで泌尿器科を受診した際に教えてくれたら良かったのにと思ってしまいました。泌尿器科の先生が一言付け加えるだけであんなに焦ってたり不安になったりということはなかったのになと思います。

もともと不特定多数との性交渉はしていない

不特定多数と性交渉をすることはないので心配はないけど、性交渉の時は避妊具をきちんと使うようにしたいです。

自分で判断せず、早めの検査を

不安だったら自分で判断せずにそして恥ずかしがらずにすぐに受診してください。
今では検査キットもありますので、不安だったら検査キットで検査してもいいと思います。

結果的に性病でなければ一安心、性病であれば一刻も早く治療を始めることができます。うじうじと悩んでいる時間はとってももったいないです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です