性器ヘルペスの原因・症状・診断・治療法・注意点に関する基礎知識まとめ

ヘルペスの原因

へルペスとは水ぶくれが集まった状態のことを表し、単純ヘルペスウィルスとは体のどの場所にも感染する可能性があります。

頻度として多いのが唇の周囲にできる口唇ヘルペスと性器周囲にできる性器ヘルペスです。

単純ヘルペスウィルスは感染力が強く、感染経路としては性交渉、オーラルセックス、膣などの粘膜の接触やヘルペスウィルスがついたタオルなどを介して感染することがあります。

単純ヘルペスウィルスⅠ型には50%〜70%、Ⅱ型には5%〜10%の日本人が感染していると考えられています。

風邪などで発熱した際には口唇ヘルペスが出現することが多く、風邪の花、熱の花とも呼ばれており、風邪以外にも披露、紫外線、睡眠不足、季節の変化、生理、ケガ、ストレス、時差ぼけなど免疫力の低下が再発の誘引となります。

ヘルペスの症状

ヘルペスの症状としては小さな水ぶくれがいくつかできて、ヒリヒリした痛痒さや痛みの状態が続き、やがて水ぶくれが破けてかさぶたになると、1〜2週間程度で治ります。

また、感染してもすぐには症状が現れず、何年も経ってから初めて症状が出ることがあります。

男性の性器ヘルペスの場合は亀頭や陰茎部分に水ぶくれや赤味が出現して、痛みやむず痒さが生じます。

唇や性器もしくはその周囲に小さな水ぶくれができるヘルペスウィルスは、最初に初感染したあとに免疫ができても免疫力の低下があれば再発を繰り返してしまいます。

ヘルペスの診断

通常ヘルペスは症状が現れている時に、問診及び視診にて診断します。

ヘルペスの治療法

ヘルペスの治療法は抗ウイルス薬の飲み薬バルトレックス、ゾビラックスなどを使用します。
バルトレックスの場合は朝晩1錠づつ五日間使用します。

抗ウィルス薬の塗り薬、ゾビラックス軟膏などを使用することもあります。

保険診療上、抗ウィルス薬の飲み薬と塗り薬は同時には使用できないため、
どちらかの処方になりますが、通常は抗ウィルス薬の飲み薬が効果的です。

潜伏するヘルペスウィルスまでは、現代の医学をもってしても退治することができません。
抗ウィルス薬はウィルスの増殖を抑えて出現している症状を抑えます。
治療開始が早ければ早いほど症状はそれだけ軽くすみます。

ヘルペスの注意点

繰り返す性器ヘルペスの再発について、多くの患者さんが不安に思っています。

約8割の方が性器ヘルペスの再発の前に前兆を感じています。
前兆は人によって感じ方は異なりますが、よく見られるものとしてはムズムズ感、ヒリヒリ感、軽い痒み、違和感などがあります。

性器ヘルペスは早く治療を開始するほど、軽い症状に抑えることができます。
再発の前兆が見られたら出来るだけ早く病院を受診して、抗ウィルス薬の飲み薬を使用しましょう。

もしあなたのパートナーが性器ヘルペスと診断されても、パートナーが不誠実であったり、過去に性的に乱れていたわけではありません。
パートナーはあなたから移されたのかも知れません。
性器ヘルペスに感染している多くの人はヘルペスの症状が現れないからです。

症状が出ていないときでも性器の皮膚や粘膜にウィルスが出てきている場合があります。
アメリカでの調査によると、パートナーへの性器ヘルペス感染の約7割は感染源となった方に、症状の自覚がない時に起こっているというデータもあります。

この再発を少なくするために、パートナーに感染させにくくするために、毎日抗ウィルス薬の飲み薬を飲むことにより、症状が現れる前にヘルペスウィルスの増殖を抑える、性器ヘルペス再発抑制療法という治療法があります。

性器ヘルペス抑制療法は患者さんの性器ヘルペスの再発を抑えることのメリットに加え、患者さんのパートナーへの感染する可能性を下げることがわかっています。

毎日1日一回1錠、抗ウィルス薬の飲み薬バルトレックスを使用します。
なお。再発抑制療法は概ね、年に6回以上再発する方が対象となります。
使用に関しては医師の指示に従ってください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です