カンジダ膣炎基礎知識

カンジダ膣炎とは

女性特有の病気で最も多いのが『カンジダ膣炎』です。
特にかかりやすいとされているのが「性器カンジダ膣炎」で、膣粘膜に生息しているカンジダ菌が炎症を起こし、菌が増殖するとオリモノが増えたり白濁したり、ツンとした臭いがしたりします。
基本的に無臭ですが、悪化してくると臭いがする場合があります。

成人女性に多い病気ですが、抵抗力が低かったり体調を崩し、抗生物質を服用することで
発症する場合があるとされています。

カンジダ菌

カンジダ菌とはどういうものでしょうか。人間には誰でももともと持っている常在菌が存在します。
例えば善玉菌や悪玉菌て聞いたことがあると思いますが、これも常在菌の一部です。
カンジダ菌も常在菌で女性の体内に生息している菌なのです。

常在菌なので有害はありませんが、いろいろな原因で体内のカンジダ菌が増え、体に異常を起こす場合があります。
それが「カンジダ膣炎」という病状を引き起こし、オリモノが増えたり痒みなどの不快感を感じるようになります。

カンジダ菌はカビの一種で「真菌」と呼ばれ、酵母菌の一種でもあります。
体内に生息していますが、体内は酸性に守られているため体に影響はありませんが、
バランスが変化し酸性が弱くなると菌が増殖してしまうのです。

カンジダ膣炎の原因

カンジダ膣炎を発症する原因は人によって様々ですが、一番多いのが体調不良やストレスによる免疫力の低下です。
免疫力の低下が大きく関わり、例えば風邪をひいて抗生物質などを服用していたり、過剰なストレスや極度の体調不良などでもカンジダ膣炎を発症することがあります。

ホルモンのバランスが崩れることでも発症することがあります。寝不足や栄養不足、ストレスなどの原因でホルモンのバランスが崩れることで、膣内の自浄作用が低下することで抵抗力が下がり、常在菌であるカンジダ菌が体内で増殖しカンジダ膣炎を発症します。

また下着の通気性に気をつける必要があります。外陰部と下着の間に通気性がないと菌が繁殖しやすい環境になってしまうため、通気性を良くすることが重要です。

オリモノの症状

カンジダ膣炎を発症すると一番わかりやすいのが「オリモノ」の変化で、正常な時のオリモノは少し粘性のある液体ですが、カンジダに感染すると明らかに変化があるので日頃からオリモノの状態をチェックしておきましょう。
カンジダ膣炎を発症した時のオリモノの症状を、項目別にまとめましたのでご紹介します。

正常なオリモノは無色透明に近く薄く濁った白色ですが、カンジダ膣炎を発症すると濃く濁った白色に変化します。
稀に黄緑色や黄色が混ざったオリモノが出てくることもあります。
黄緑色のオリモノは「淋病」だったり、黄色がかったオリモノは「トリコモナス」の疑いもあるので、早急に受診することをオススメします。

臭い

カンジダ膣炎の場合基本『無臭』ですが、鼻を突くツンとした臭いがある場合は炎症が悪化している場合が考えられるため早めに受診しましょう。

もし悪臭に近い臭いがする場合は、他の性病の疑いも考えられるので注意が必要です。
ただ排卵日が近くなるとオリモノにわずかですが臭いが発生することもありますので、痒みや痛みがなければ心配はないと思いますが、心配なら受診してみると良いでしょう。

カンジダ膣炎を発症すると膣から出てくるオリモノは、初期症状ではヨーグルト状で粘り気があるのが特徴です。
悪化してくると白く固まりのようなオリモノに変化し、カッテジチーズのように白いポロポロしたチーズ状のオリモノが発生したらカンジダ膣炎に感染していると思って間違い無いでしょう。

 

『無症状』には気をつけろ

痒みが伴ったりすればすぐにおかしいと気づけますが、カンジダ膣炎で一番厄介なのが『症状に現れない』場合です。
オリモノの変化や痒みで気がつければ良いのですが、中には感染しているのに全く症状がなく気がつかず、悪化させてしまうこともあります。

早期発見のポイントとしては、「オリモノの量と色」が疑うポイントで、明らかにいつもより量が多い、オリモノシートを変える頻度が多い、オリモノの色が白濁しているなどが確認できたら、一度検査をうけたほうが良いでしょう。

カンジダ膣炎は非常にかかりやすい病気ですが、感染場所が陰部ということで女性はなかなか診察を受けるには勇気がいると思いますが、
放置することで慢性化してしまい、完治に時間がかかってしましますので軽い段階で治療することをオススメいたします。

ある体験談をご紹介します

性交渉の経験がない15歳の少女がカンジダを発症した例です。原因は受験勉強で睡眠時間がとれず、体力が低下している時に
風邪をひき、飲んだ抗生物質が体に必要な菌を殺してしまい発症した例が報告されています。

性交渉の経験のない15歳の少女には、婦人科の扉は重いですよね!
そんな時は自宅でできる性病検査キットをオススメします。
『痛みや痒みがないけどなんか心配なんだけど・・・』こんな時は誰にも知られず検査できるので恥ずかしいことなどありませんよ。

自宅で定期的な性病検査をしよう!

おすすめの性病検査キッド

オススメ検査キットNo.1
迷ったら予防会を選べば間違いない。

予防会は【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。

「ネットで迅速に検査結果」が見られ、
病院と同様の結果が得られます。

検査もカンタン!!

差出人も「予防会」または「早川」から選べ、
内容物が分からない状態で届くので安心。



〜絶対に知っていて欲しい性病の基礎知識まとめ〜


性病に感染しているのに「9割以上の人は無自覚」

「不妊症や重大な症状」が出てから初めて気づくので、
現在すでに「性病に感染している可能性」もあります。


★知っておいて欲しい性病の基礎知識

【梅毒への感染が流行中】梅毒の症状、感染経路、検査方法まとめ

2017.09.22
★性病で辛い経験をした方の体験談

胸が痛くて息が吸えない状態に!まさかクラミジアが原因だなんて

2017.09.05
★性病検査キットの基礎知識

性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

2017.09.26
性病キットへのご不安がおありな方はこちらをお読みください。

定期的に検査をして「自分自身と大事な人」を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です