HIVに感染していても不特定多数と生でもセックスをしてます!性病検査をしたら梅毒にも感染してました

年齢:21歳
性別:男性
病名:HIV、梅毒
検査方法:病院
完治までの期間:約2ヶ月
治療費:約4000円

HIVに感染していますがセックスはします、今回梅毒にも感染しました。

私は現在21歳です。

そして、同性愛者でHIVに感染しています。

ですが、たまにハッテン場にいって不特定多数の人とセックスを行なっています。

もちろん、初めての人とするわけですが、ゴムも付けたり、付けなかったりです。

酔っ払っていてゴムを付けずにセックスを行うこともよくあります。

 

梅毒とは思っていなかった。小さな発疹から数週間で腕や顔にまで広がり、皮膚病だと思い皮膚科を受診した


最初気になったのは太腿の小さな発疹でした。

夏場だったのもあり、自己判断で恐らく汗疹だろうと思い、持っている軟膏を塗っていたんです。痒みも無かったのでしばらく放置していました。

そして1週間ほどたった頃だと思います。今度はお腹周りに発疹が出ました。

その時点でも正直焦りは感じておらず、性病の疑いすら感じませんでした。性病で発疹が出るという知識が無かったんです。

さらに数週間が経つと発疹は腕や顔にまで出始めて、その時初めてこれは汗疹では無いんだと判断しました。

既に全身に広がっており、でも自覚症状が無いので逆に怖かったです。単純に何かの蕁麻疹などの皮膚病だと思い、軟膏も無くなったタイミングで、安易な気持ちで皮膚科の受診をしました。

 

性病だとは思っていなかったが、梅毒の陽性で思ったより進行していた

大学病院の皮膚科を受診しました。
私はHIVに感染していたので、かかりつけの病院があったのです。

性病だとはその時点でも思っていませんでしたが、まずその科を先生に相談してみることにしました。

すると所見で言われたのが、恐らく梅毒であろうとのことでした。
血液検査を行い、確認のために皮膚科への紹介状も書いてくれたんです。

皮膚科の先生も発疹の状態や自覚症状、また血液検査の結果から梅毒だと判断しました。

梅毒のウイルスを調べる項目があったようで、それが陽性だったようです。

更に梅毒には進行ステージがあるらしく、私の梅毒は思っていたよりも進行していた状態だったのです。気が付けて良かったものの、正直複雑な気持ちでした。

 

性病の怖さを知っているものの、恥ずかしさの感情が前に出てきた

梅毒だと診断されて、まず初めに感じた感情は恥ずかしさです。

性病の怖さを知ってはいるものの、やはり恥ずかしさの感情が前に出てきました。

ある程度事情を知っている病院ではありましたが、また改めてセックスの仕方や感染経路防止のアドバイスをされて、更に恥ずかしくなりました。

基本、梅毒はセックスでしか感染することが無いようなので、その事実に赤面しました。

簡単にいうと、たっぷり怒られたんです。
そりゃ、そうですよね。

更にそこは大学病院だったので、学生の為の症例の研究なども行います。

素人目にはわかりませんでしたが、医師から見たらわかりやすい典型的な梅毒症状だったらしく、学生たちの勉強のために全身の写真撮影を行いました。

お役に立てれば、と思い、了承はしましたが、とても屈辱的でした。

 

私は同性愛者でHIVに感染している!でも、不特定多数とセックスが多すぎて・・・

私は同性愛者です。

その当時特定のパートナーもいましたが、それ以外の方ともセックスをしていたのは事実です。

しかも、同性愛者の世界にはハッテン場というセックスをするためだけに不特定多数の人間が集まる場所があります。

衛生的にも清潔な場所とは言えませんし、セックスをするのは初対面の相手です。

しかもフェラチオにゴムなんか付けませんし、酔って勢いでアナルセックスもゴムなしで行ったこともあります。

本当はHIVである時点で気を付けなければいけない事なんですが、その気持ち良さに甘んじてしまっていました。

その為、どういった経緯で私が感染したかは、思い当たる節が多すぎてわからなかった、というのが正直な答えです。

恐らくハッテン場だとは思いましたが、重ねた人数が多すぎてわかりませんでした。

 

治療は膣錠を入れるのでタンポンをしているような感触と、膣剤が溶け下着も汚れ不快だった

投薬治療を行う事になりました。

当初サワシリンという薬を処方され、数週間で完治すると言われ、ホッとしていました。

しかし、そのサワシリンの服用で私は薬疹が出てしまい、顔や腕など全身がまだら模様になってしまいました。

爬虫類のような感じです。

とても人前に出られる様子では無かったので、上長と相談し、仕事も休まなければならなくなりました。

そしてミノマイシンという薬に変ったのですが、すぐに効果は得られる薬ではなかったようで、二か月ほど服用をすることになりました。

薬疹は二週間ほどで回復したので完治前に職場復帰はしたんですが、あれほど目に見える異常さを見せてしまったので、薬疹の理由を説明するのに四苦八苦しました。

 

発疹は1ヶ月でなくなり、その後も服用を続け血液検査で完治を確認

発疹自体は一か月弱でほとんどなくなりました。
その後も服用を続け、血液検査により完治を確認しました。

 

HIVだと違う性病にもかかりやすい!アナルセックスの時はコンドームを使用するようにした

HIVだと特に性病には感染しやすいです。

実際私も何度か感染しましたし、その梅毒だけは本当に怖かったので、アナルセックスは必ずゴムを使用するようになりました。

また、泥酔状態でのセックスも控えるようになりました。

 

梅毒は大変怖い病気、進行すると脳にも影響をきたす。他者に知られるより検査なんて恥ずかしくない!

それから、梅毒は大変怖い病気です。
私のように発疹以外自覚症状がありません。

そして、さらに進行すると神経梅毒と言って脳にも影響をきたします。

そうなると治療はさらに困難になりますし、周りの人もわかるような症状が出てしまいます。

確かに性病は少し恥ずかしいです。

でも、他者に知られる恥ずかしさに比べれば検査なんて全然恥ずかしくありません。

先生も状況は察してくれるので、不安な方は検査をして下さい。

今は公的機関で無料の検査も性病キットもあるようなので、ぜひ活用してみてください。

 
中には、このような方もいらっしゃるので気をつけましょう。 
気づかないうちにHIVを保有している人とセックスをして感染してしまう場合もあります。
特に、クラミジアやカンジダなど他の性病にかかっている場合は、HIVへの感染リスクも3〜5倍に引き上がります。
定期的な検査を心がけましょう。
→性病検査キットで完治を確認する

自宅で定期的な性病検査をしよう!

おすすめの性病検査キッド

オススメ検査キットNo.1
迷ったら予防会を選べば間違いない。

予防会は【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。

「ネットで迅速に検査結果」が見られ、
病院と同様の結果が得られます。

検査もカンタン!!

差出人も「予防会」または「早川」から選べ、
内容物が分からない状態で届くので安心。



〜絶対に知っていて欲しい性病の基礎知識まとめ〜


性病に感染しているのに「9割以上の人は無自覚」

「不妊症や重大な症状」が出てから初めて気づくので、
現在すでに「性病に感染している可能性」もあります。


★知っておいて欲しい性病の基礎知識

【梅毒への感染が流行中】梅毒の症状、感染経路、検査方法まとめ

2017.09.22
★性病で辛い経験をした方の体験談

胸が痛くて息が吸えない状態に!まさかクラミジアが原因だなんて

2017.09.05
★性病検査キットの基礎知識

性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

2017.09.26
性病キットへのご不安がおありな方はこちらをお読みください。

定期的に検査をして「自分自身と大事な人」を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です