月経中の性行為は危険?生理中のセックスはNGの理由

生理中は妊娠しない安全日は誤解!

生理中にセックスを行うのが『絶対ダメ』であることは、医療関係者にとって当然のこと。

しかし一般の方にとっては、「なんとなくあまりよくない気がするけど、絶対ダメってことないよね」程度の認識のことが多いように思います。

中には、「生理中のセックスでは妊娠しない」など、誤った認識を持っている人がたくさんいます。

さまざまな認識がありますが、医療関係者の方のお話では「生理中のセックスは絶対にお勧めできないと」言われております。

様々なリスクが考えられ、絶対に避けるべき行為とされています。
この記事では、生理中にセックスを行なってはいけない3つの理由を解説します。

 

1.生理中の性行為では妊娠しないという誤解

生理中は避妊をせずに性行為をしても妊娠しないと勘違いしている場合、避妊が不確実になることがあります。

実際は生理中の性行為でも、生行為のタイミングと排卵日までの期間によっては妊娠が成立することがあります。
特に生理周期が短い人の場合、生理が終わりかけの性行為は妊娠する可能性がありますので注意が必要です。

生理中は着床すべき子宮内膜が剥がれ落ちている最中で、排卵も起こらないので普通に考えれば妊娠する可能性は最も低い時期と言えます。

しかし、実際に生理中の性交渉で妊娠した方もおられ、性交の刺激によって排卵が早まったり、もともと月経不順で月経だと思っていたのが、実は不正出血や排卵出血であったというようなケースも考えられます。

もっとも妊娠の可能性が高い生理終了後十日前後の排卵期に比べれば、生理中の性行為での妊娠の確率は非常に低いでしょうがゼロではないことを十分認識していただきたいと思います。

 

2.生理中は感染症リスクが高い

生理中は免疫力が下がりやすく、また月経血の中には雑菌が多数含まれており、生理中の性行為によって何らかの感染症を引き起こす可能性が考えられます。

バリア機能の低下により、クラミジアや淋菌などの性感染症にかかるリスクが高くなりますし、流れ出ようとしている月経血を押し戻してしまうことによって、大腸菌や連鎖球菌などの雑菌による感染を起こすことも考えられます。

生理は小さなお産ともいわれているくらい、生理中の膣内や子宮はデリケートになっているのです。

生理中は免疫力が低下し、出血のために膣を守る常在菌が働きにくくなったり、膣分泌液が血液え流されてしまうことにより膣が傷つきやすくなるため、性感染症に感染しやすくなります。

 

3.月経血の逆流が起きる可能性がある

生理中の性行為には、血液が逆流して卵管に炎症を起こしたり、子宮内膜症になりやすくなるなど、様々なリスクをともないます。この原因は流れ出ようとする月経血を性行為によって、押し戻したり途中でせき止めたりしてしまうためです。

卵管に炎症が起きると、通りが悪くなり不妊症や子宮外妊娠の原因を作ることになります。
また、子宮内膜症も卵管周囲や骨盤内に癒着を引き起こすため、不妊症の原因になります。

上記に挙げたものは、いずれも女性側のリスクですが、男性にとっても他人の血液に触れるということがリスクになります。

たとえコンドームをしていたとしても、女性側にB型肝炎やC型肝炎や梅毒、HIVなど、血液を介して感染する何らかの感染症があった場合、その血液に手や性器が触れることにより感染するリスクが非常に高くなってしまうのです。

生理中の生行為は様々な理由でお勧めできないものです。きちんとリスクを理解して自分の体を守りましょう。生理何日目なら良くて何日目なら悪いというはっきりした決まりはありませんが、見た目にわかる出血があるうちは、控えておいたほうがよいでしょう。

 

生理中のパートナーとのコミュニケーション

男性は女性の生理に関する知識がなかったり、例えば母親や姉妹の生理が軽いと生理中でも女性は平気なものだと思ってしまうこともあります。

あなたが生理中に体調、心理面でどのようになるのかをパートナーに伝え、どこまでの行為ならできるのか(オーラルセックスならしていいのか、しんどくてそれどころではないのか)を伝えましょう。

そして望まない行為を強要されるようなら、ハッキリ拒否しましょう。

 

妊娠の確率が低いのは生理の終わりかけではなく、生理の前!

妊娠しにくい時期っていつなの?と思っている方もおられると思います。

妊娠する確率が低い、具体的には受精に成功する確率がもっとも低い時期は、排卵が終わってしばらくたったころです。

排卵された卵子の寿命がつき、体が受精不可能になった状態になっているため妊娠しにくいのです。
実際には排卵後の4日以降から生理までが安全日といわれています。

自宅で定期的な性病検査をしよう!

おすすめの性病検査キッド

オススメ検査キットNo.1
迷ったら予防会を選べば間違いない。

予防会は【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。

「ネットで迅速に検査結果」が見られ、
病院と同様の結果が得られます。

検査もカンタン!!

差出人も「予防会」または「早川」から選べ、
内容物が分からない状態で届くので安心。



〜絶対に知っていて欲しい性病の基礎知識まとめ〜


性病に感染しているのに「9割以上の人は無自覚」

「不妊症や重大な症状」が出てから初めて気づくので、
現在すでに「性病に感染している可能性」もあります。


★知っておいて欲しい性病の基礎知識

【梅毒への感染が流行中】梅毒の症状、感染経路、検査方法まとめ

2017.09.22
★性病で辛い経験をした方の体験談

胸が痛くて息が吸えない状態に!まさかクラミジアが原因だなんて

2017.09.05
★性病検査キットの基礎知識

性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

2017.09.26
性病キットへのご不安がおありな方はこちらをお読みください。

定期的に検査をして「自分自身と大事な人」を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です