おりもののニオイ・色・量でわかる病気

おりものの大切な役割

おりものというと、下着がよごれてしまうなど、不快なイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。

でも、おりものが出るのはホルモンの活動がある女性なら当たりまえのこと。
おりものには女性の健康にかかわる、とても重要な役割があるのです。

そもそもおりものとは、膣や子宮の出口で作られる分泌物が混ざりあったもので、唾液が口の中を潤すのと同じように、膣内に潤いを保ち、雑菌の侵入や増殖を防ぐ働きを持っています。

おりものの中にはデーテルライン桿菌(かんきん)という「善玉菌」がいて、大腸菌やカンジダ真菌などの雑菌が増えないようにはたらいています。この善玉菌が少なくなったりいなくなったりすると、膣内の抵抗力が落ちて感染を起こしやすくなってしまいます。

よく抗生物質を飲むとカンジダ膣炎になる人がいますが、これは抗生物質によって一時的に善玉菌まで除菌されてしまうためです。

カンジダはカビの一種で抗生物質が効かないため、善玉菌によるバリアがなくなると増えやすくなります。

また、おりものの重要な役割のひとつが自浄作用で、膣は肛門や尿道のすぐ近くにあるため、大腸菌などの雑菌が入りやすい環境にありますが、おりものにはそれらの雑菌を洗い流す作用があります。

さらに、おりものには膣の中を弱酸性に保つはたらきがあり、それによって雑菌の増殖を防いでくれているのです。

もうひとつは、おりものには受精を助けるという大切なはたらきがあります。通常は弱酸性に保たれている膣ですが、排卵の時だけはアルカリ性に保つように、おりものがはたらきます。

これは精子の移動をスムーズにするため、つまりおりものは妊娠しやすい環境づくりにも一役かっているのです。

 

正常なおりものの色・粘り気・匂い・量の目安

おりものには女性の健康状態を映し出す鏡のような側面もあります。

そのためふだんと異なるおりものがあったとき、それがシグナルになっていることがあります。

そもそも正常なおりものとは、どのような状態かというと、通常おりももは無色透明かやや白っぽく、少し粘り気があります。
基本的にほとんど無臭ですが、酸性のため若干すっぱいにおいがすることもあります。

おりものはホルモンの影響を受けて状態や量が変化します。排卵期や月経直前はおりものが増える傾向にあります。

量が最も増えるのは排卵の時期で、これは精子を包み込んで卵子に達するのをサポートするためで、この時期のおりものは透明なゼリー状で、その後は量が減少し、色もやや白っぽくなっていきます。

おりものの量も汗と同じように個人差があるので、ちょっと多めだなと思っても多少下着に着く程度の量はあまりきにする必要はありません。

そして、生理前の時期になると再び量が増えていき、ニオイが強くなることもあります。また、ニオイの原因としておりものシートをつけっぱなしにしたり、タンポンを入れっぱなしにしたりすると雑菌が増えるためニオイがきつくなることもあります。

生理の直後は、残った血液と混じり合った茶褐色のおりものが出ることもあります。また、年齢によっても変化します。

20〜30代の妊娠可能な年齢ではおりものの量も多く、年齢が上がるとともに次第に減っていきます。
これはおりものが女性ホルモンと深いかかわりがあるためです。

 

黄緑色・茶色・ピンク、血が混じるおりものが出る病気

鼻水のような黄緑色のおりものが出る場合は、淋菌感染症、あるいは大腸菌などによる、細菌性膣炎の可能性があります。細菌性膣炎は自然に治癒するこがありますが、淋菌感染症は抗生物質できちんと治療する必要があります。

このほかにヨーグルト状のポソポソしたおりものが出る場合には、カンジダ膣炎が、クリーム状の泡立ったようなおりものが出て痒みがある場合は、トリコモナス膣炎が疑われます。さらに、魚が腐ったような強い匂いがする場合には、雑菌が繁殖している可能性があります。

最も注意が必要なのは、茶色やピンク色のおりもの、または明らかに血液が混ざったおりものです。

これらは全ておりものの中に血液が混ざっている、つまり不正出血しているというサインです。不正出血の原因は、月経不順や子宮頸管炎などのほかに、子宮頸癌・子宮体癌といった放置してはいけない病気も含まれます。

ここに挙げたような状態のおりものは、いずれも健康な状態ではみられません。下着のチェックをしたときに気付いたら必ず婦人科をを受診し、必要な検査を受けるようにしてください。

 

おりものの異常から疑われる病気まとめ

■おりものの中に血液が混ざる(茶色やピンク)

不正出血のサイン:子宮ガンやクラミジア頚管炎、子宮頚管ポリープなどの可能性があります。
いったん治っても必ず婦人科で検査を受けましょう。

■水っぽいおりものが流れ出るくらい多い

クラミジア頚管炎の可能性があるので、性交渉は控えて早めに検査を受けましょう。クラミジアは酷くなると熱が出たり、下腹が痛くなったりすることがあります。抗生物質を1〜2週間飲めば治療できますが、炎症が卵管まで広がると不妊症の原因になることがあります。

■くすんだ黄緑色の鼻水のようなおりものが出る

淋菌感染症や大腸菌などの雑菌による細菌性膣炎の可能性があります。雑菌なら自然に治ることもありますが、淋菌の場合は抗生物質の点滴でしっかり治療する必要があります。雑菌でも膣内に抗生物質のタブレットを入れることで殺菌できます。

■ヨーグルト状のボソボソしたおりものが多くて痒みがある

最も疑われるのがカンジダ膣炎で、自然に治ることもありますが、何度も繰り返したり痒みがひどい場合は受診し、膣剤などを処方してもらいましょう。

■魚の腐ったようなツンとしたニオイが強い

雑菌が増えていたり、膣内に異物が入っている可能性があります。2〜3日様子を見て改善しないようであれば早めに受診しましょう。雑菌の場合は1週間ほど膣内に抗生物質のタブレットを入れることで改善が期待できます。

■クリーム色の泡だったようなおりものが出て強い痒みがある

トリコモナス膣炎が疑われます。性交渉を控えて早めに検査を受ける必要があります。飲み薬と膣内に入れるタブレットを10日ほど使えば治療できます。

 

自宅で定期的な性病検査をしよう!

おすすめの性病検査キッド

オススメ検査キットNo.1
迷ったら予防会を選べば間違いない。

予防会は【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。

「ネットで迅速に検査結果」が見られ、
病院と同様の結果が得られます。

検査もカンタン!!

差出人も「予防会」または「早川」から選べ、
内容物が分からない状態で届くので安心。



〜絶対に知っていて欲しい性病の基礎知識まとめ〜


性病に感染しているのに「9割以上の人は無自覚」

「不妊症や重大な症状」が出てから初めて気づくので、
現在すでに「性病に感染している可能性」もあります。


★知っておいて欲しい性病の基礎知識

【梅毒への感染が流行中】梅毒の症状、感染経路、検査方法まとめ

2017.09.22
★性病で辛い経験をした方の体験談

胸が痛くて息が吸えない状態に!まさかクラミジアが原因だなんて

2017.09.05
★性病検査キットの基礎知識

性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

2017.09.26
性病キットへのご不安がおありな方はこちらをお読みください。

定期的に検査をして「自分自身と大事な人」を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です