性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

性感染症が心配だけど医者にかかるのは・・・そんな人にお勧めは「検査キット」

性感染症が心配だからといって医者にかかるのは敷居が高いと感じている人。そんなふうに考える人も少なくないと思います。

東京都内に住む20代の某男性は、付き合っていた彼女と破局しストレスもあり、風俗通いにハマってしまった。そのストレス解消に、ピンサロ、ヘルス、ソープにと行きまくっていたら性器に異常が見つかったと言う。

ネットで検索してみると検査してくれるところがたくさんあり、その中から検査キットを注文してみたら、結果的にヘルペスと梅毒が見つかった。

幸い、医療機関を受診して大事には至らず済んで、今はおとなしくしているというが、また利用するかもしれないと話す。

「最初から医者にかかるのってやっぱりハードルが高いでしょ。好きな時間にできるし簡単なのでありがたい」(某男性)

こうしたサービスは民間の会社が行なっている「郵便検査」「検査キット」などと呼ばれている。HIV(エイズ感染)がわかるもの、梅毒やクラミジアなどの性感染症がわかるものなどさまざまな種類が数社から販売されている。

実はこうした実態を調査した結果を、厚生労働省がまとめている。
それによると昨年、郵送式によるHIV検査キットは9万807件も利用されていたことがわかった。

検査キットの値段は複数の病気がわかるものを含めて数千円から1万円前後で販売されており、市場は年々増加傾向にあり保健所での検査数と肩を並べるほどになっている。

ある病院で性感染症の治療にあたる医師は「実際、検査キットで陽性になったからと、受診してくる患者さんは少なくありません。早期発見、早期治療のきっかけになっていると思う」と話している。

 

ネット売買検査キットは偽物に注意が必要!!!

都内の風俗店に努める20代の女性は、性感染症の検査を定期的に受けている。「お店から言われています。病気になると仕事にならないので、ちゃんとやってますよ」と話す。

利用しているのは、事業者から郵送されてくるいわゆる検査キット。店の責任者は「女の子たちの検査を一括して頼む。異常があれば医者に行くように指導しています。」と話す。

性感染症に関する「検査キット」はその数を増やし、今や年間9万件を超えて保健所での検査数に匹敵するほどになっている。

こうしたサービスには2種類があり、ひとつは送られてきたキットで血液や唾液を採取して送り、その結果を後日知らせてもらう方法。もうひとつは即日検査といって、キットを使って自分自身で判定するというものです。どちらも自宅でできるし簡単なので売れています。

厚生労働省研究班による検査キットの実態調査で回答を得られたのは国内にある10社だという。

厚生労働省研究班では、検査キットの精度・信頼性を確認するために調査も行っています。HIV陽性と陰性の検体数列を厚生労働省が再検査したところ、検査結果は一致しました。厚生労働省としては「検査キットの品質に問題は確認されていない」と検査キットの信頼性について認めています。

一方、都内の某医師は警鐘を鳴らしています。

「国内の会社が実施している検査の精度は、決して悪いものではなかった。一定の信用がおけるといった評価がある一方、ネットで売買されている即日検査キットの多くは海外から送られてくるものが大半。その中にはニセモノがあったり、そもそも管理が怪しいものなど、品質が低いものが多い。あまりお勧めしません」(某医師)

どちらにしても自己責任のもとに利用することを忘れずに!と警鐘を鳴らしています。

自宅で定期的な性病検査をしよう!

おすすめの性病検査キッド

オススメ検査キットNo.1
迷ったら予防会を選べば間違いない。

予防会は【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。

「ネットで迅速に検査結果」が見られ、
病院と同様の結果が得られます。

検査もカンタン!!

差出人も「予防会」または「早川」から選べ、
内容物が分からない状態で届くので安心。



〜絶対に知っていて欲しい性病の基礎知識まとめ〜


性病に感染しているのに「9割以上の人は無自覚」

「不妊症や重大な症状」が出てから初めて気づくので、
現在すでに「性病に感染している可能性」もあります。


★知っておいて欲しい性病の基礎知識

【梅毒への感染が流行中】梅毒の症状、感染経路、検査方法まとめ

2017.09.22
★性病で辛い経験をした方の体験談

胸が痛くて息が吸えない状態に!まさかクラミジアが原因だなんて

2017.09.05
★性病検査キットの基礎知識

性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

2017.09.26
性病キットへのご不安がおありな方はこちらをお読みください。

定期的に検査をして「自分自身と大事な人」を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です