性行為したことないのに性病の症状が?チーズのようなおりものが出てくるこれってカンジダ?

年齢:15歳
性別:女性
病名:膣カンジダ
検査方法:病院
完治までの期間:約1週間
治療費:親負担

いつもの痒みと違う!カッテージチーズのようなおりものが出てくる

元々肌が弱く、乾燥するだけでも痒みが出ることはよくありました。でも、カンジダにかかってからは比にならない痒みに襲われました。

突然のことでした。じっとしていることがとても苦痛で、学生だった私は椅子に座っていることが出来ず、授業中であっても何度もトイレに立ちました。トイレットペーパーで強く拭き過ぎて傷もついていしまいました。

「いつもの痒みと違う…?」あまりのしつこさに漸く疑念を抱き、それと同時に今までに見たことのないカッテージチーズのようなオリモノが沢山下着についたり、お風呂に入っている時も出てきてしまって…。やっと病気を疑いました。

ただただショックで仕方がありませんでした。でも私には心当たりがなく「性行為もしたことがないし、なのにどうして…?」というのが第一印象でした。

 

母に相談して病院へ、でも内診台になんか乗りたくないという気持ちでいっぱいだった

2日間は様子を見ましたが、症状がよくなることは全くありませんでした。でも、婦人科など今まで受診したことがなくて抵抗しかありません。

だからといって「このまま放っておいて一生この痒みと付き合うのは嫌だ!」という気持ちが段々強くなり、以前から婦人科系の病気で通院している姉にこっそりと相談しました。

そこから姉から母に話をしてもらい、お医者さんに診てもらえるようになりました。やっとこの辛さから解放されるかも!とホッとした気持ちと一度も診てもらったことがない私は、痛いんじゃないか、内診台になんかのりたくないという怖さと恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

 

結果は膣カンジダ「性行為なんかしたことないのに、なんで?」

病院には母と一緒に行きました。内診台にのり、膣の分泌物を採取してもらったり、他に異常がないか調べてもらったり…。

結果は即日出て、お医者さんからの診断はやはり【膣カンジダ】とのことでした。その時は病名が分かって本当に安心しました。病名が分かった、ということはこれから治療もしてもらえるのですから。

ただ、やっぱり私の頭に残ったのは、「性行為はしたことがないのに、どうして?」という強い疑問です。当時の私の考えでは、性行為をしなければ病気には絶対かからないという頭でしたから。

しかも、完治までは通院しなければいけないことを一緒に聞かされていたので、それも憂うつでした。健康には変えられないし、でも通院するのも嫌…、そんな複雑な心境でした。

 

受験勉強で睡眠がとれず体力が落ちていた時に風邪をひき、飲んだ抗生物質が原因だった

モヤモヤした気持ちがなくならない私は、経験がないのにどうしてカンジダになったのかと、お医者さんに質問しました。

そこで返ってきた言葉は、当時知識のなかったの私には驚きの原因でした。カンジダは膣の中にいる真菌が悪さをしているから、性行為をしなくても発症するそうなんです!

私の場合は受験勉強でしっかりと睡眠時間が取れていなくて体力が落ち、風邪をひいたことで飲んだ抗生物質が原因だったそうです。

その抗生物質が身体に必要な菌を殺してしまったから、一気に真菌の動きが活発になりカンジダを発症したそうです。始めは母とも気まずい雰囲気だったのですが、お医者さんにその原因を教えてもらってから、やっと私は心の底から安心して家に帰ることが出来ました。

 

膣洗浄と膣坐薬、毎日通院して内診台へ「こんな格好やだな〜」でも1週間で慣れた

通常膣カンジダの患者さんは、一回目の診察で膣洗浄をしてもらい、あとは一週間塗り薬と膣坐薬を使えば完治になるそうなのですが…。

私の場合は性行為の経験がなく、自分で坐薬を正しい位置に入れることが出来ないので、毎日病院へ通院し洗浄とお薬を入れてもらっていました。

検査の時は原因不明の痒みにずっとソワソワしていたので気にならなかったのですが、経験のない私に洗浄は少し痛かったです。ですが、看護師さんが優しく声を掛けてくれたので、処置はあっという間に終わりました。

それでも処置は内診台でしてもらっていたので、洗浄されている間は「こんな格好やだな~、早く終わらないかな~」とぼんやり考えていましたね。その気持ちも最終日くらいにはなくなりつつありました。他の内科や整形外科にかかっている感覚に近いでしょうか。

 

通院していたので完治の診断をもらった

通院していたので、お医者さんから正式に治りましたよ。と診断して頂いたので、安心して日常生活に戻ることができました。そのほかにも、処置をしていくうちに痒みもオリモノも一気になくなっていき、治っているのを実感することができました。

膣カンジダは一度発症すると再発するので、体の抵抗力が落ちないように気をつけている

膣カンジダは一度発症すると再発してしまうようなんです。一生のお付き合いなので、今は体の抵抗力が落ちないようにしています。

それでも季節の変わり目には数年に一回はかかってしまうので、お医者さんにお世話になっています。

市販薬には頼ったことがありません。処方薬の方がピタッと痒みも収まります。

 

性行為がなくても性病にかかることがる、受診することで不安から解消されますよ

性行為がなくても性病にかかることはあります!もちろん、うつらないとかからない病気もありますが、完全に安心はしきれません。

お医者さんに掛かるまでは「嫌だなぁ」という気持ちが強いかもしれません。でも、どうか一度診察してもらってください。不安も、辛さからも一番確実に、早く解放してくれますよ。

 

 

 

自宅で定期的な性病検査をしよう!

おすすめの性病検査キッド

オススメ検査キットNo.1
迷ったら予防会を選べば間違いない。

予防会は【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。

「ネットで迅速に検査結果」が見られ、
病院と同様の結果が得られます。

検査もカンタン!!

差出人も「予防会」または「早川」から選べ、
内容物が分からない状態で届くので安心。



〜絶対に知っていて欲しい性病の基礎知識まとめ〜


性病に感染しているのに「9割以上の人は無自覚」

「不妊症や重大な症状」が出てから初めて気づくので、
現在すでに「性病に感染している可能性」もあります。


★知っておいて欲しい性病の基礎知識

【梅毒への感染が流行中】梅毒の症状、感染経路、検査方法まとめ

2017.09.22
★性病で辛い経験をした方の体験談

胸が痛くて息が吸えない状態に!まさかクラミジアが原因だなんて

2017.09.05
★性病検査キットの基礎知識

性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

2017.09.26
性病キットへのご不安がおありな方はこちらをお読みください。

定期的に検査をして「自分自身と大事な人」を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です