尿道が湿っている。絞り出すように握ってみると尿道から黄色い膿が出てきた

年齢:28歳
性別:男性
病名:淋病
検査方法:病院
完治までの期間:約2週間
治療費:約5000円

乾いているはずの尿道が湿っている。絞り出すように握ってみると黄色い膿が出てきた

朝目が覚めて、いつものようにトイレでおしっこをしようと思いました。すると、いつもは乾いているはずの尿道が湿っていることに気付きました。

何だろう?と思いながら絞り出すように握ってみると、尿道から黄色い膿が出てきたのです。心当たりもあったので、「あっ…性病だ…。」と瞬時に思いました。

また、過去にも1度性病を経験していたので、「またやってしまった…。」という気持ちでいっぱいになりました。

「今日は予定があるし、明日病院に行って検査をしないとな。」という気持ちでその日を過ごすことにしました。特に痛みは無いものの、次から次へと膿が出てきて、普通に歩いているだけでもパンツが太ももに擦れたとき、湿っているのがよく分かりました。本当にびっくりするくらいの膿の出具合でした。

 

以前にもクラミジアで治療受けたことがあるので、病院へ行くためらいはなかった

とりあえず前に性病感染した時もそうでしたが、今回もインターネットで症状を調べてみることにしました。

症状から分かったのは、「クラミジア感染症」もしくは「淋病」の可能性が高いという事でした。どちらの性病だったにしても、抗生物質を飲めば治ると書いてあったので、ひとまず一安心しました。

前に性病感染した時は「クラミジア感染症」で、あの時もいち早く病院に行ったからこそ、すぐに完治することができたので、病院に行って検査をすることにためらいはありませんでした。

ただ、翌日が日曜日だったので、空いている病院は限られています。どこの泌尿器科が空いているのかを探す方が少し大変でした。幸いにも家から割と近い病院が日曜日でも診療を行っているようでしたので、そちらを予約しました。

 

 

検査の結果は淋病。おじいちゃん先生に注射された。

病院についてから、受付のおばさんに症状を聞かれたので、「尿道から黄色い膿が出てきたので…。」と言ったら、おばさんがまるで変人を見るような目で僕のことを見てきました。

何もそんな顔をしなくても良いじゃないかと思いましたが、まあ悪いのは僕の方だし、特に気にはしませんでした。

尿検査をするように言われたので、紙コップに尿を採取し、待つこと20分…。おじいちゃん先生に呼ばれたので、診察室へと入りました。「うん…。淋病だね…。心当たりはある?」「はい…。あります…。」「とりあえず注射を打つから。ズボンを脱いでベッドで横になって。」それを聞いた僕は驚きました。何で注射?飲み薬は?と思いましたが、黙って従うことにしました。

 

原因は三日目前に行った、お口でしてくれるタイプの風俗!

淋病に感染した原因は、尿道から膿が出てきた3日前に行った風俗が原因だと思います。

口でしてくれるタイプの風俗で、おそらく彼女の喉が既に感染していたのではないかと思います。風俗の利用は初めてではありませんが、性病をもらったのは初めてです。

口でするだけでも感染するというのは知っていましたが、自分の中では迷信みたいな所もあり、あまり信じてはいませんでした。

しかし、自分がいざ経験してしまうと、信じざるを得ません。僕はあの日、風俗に行った自分に腹が立ちましたし、風俗が改めて不衛生な環境であることも認識しました。

女性が感染した場合、症状が出ないこともあるみたいなので、彼女自身感染していることに気付いていないかもしれません。

 

梅毒、淋菌感染症、性器クラミジア感染症にかかると「HIVに3〜5倍」かかりやすくなるといわれています。

不特定多数と性交渉を持っている人、風俗を利用している人は定期的な検査を実施することをお勧めします。

 

 

注射の効果は絶大!漏れるように出ていた膿があっという間に止まった。

おじいちゃん先生にその場でお尻付近に注射を刺され、薬を注入されました。すごく痛かったような覚えがあります。

「これですぐに良くなると思うけど、しばらくは性交渉は禁止だからね。あと念の為、クラミジアも併発している可能性もあるから抗生物質の薬を出しておくね。

薬を2週間飲み続けた後にまた来てね。」僕は抗生物質の薬を貰い、家に帰りました。するとどうでしょう。あれだけ膿が出てきていた尿道から、膿が途絶えたのです。

注射の効果の良さを改めて実感しました。とりあえず言われた通り、薬を飲み続けることにしました。もちろん家族の目の届かない所に薬を隠しては飲むの繰り返しです。家族には絶対知られたくはありませんからね。

 

追加の飲み薬を服用して完治と判断

薬を飲み続けた後、病院に再度行きました。症状が良くなったことを伝えると、念の為抗生物質の薬を再度出されました。

それを飲み続けて特に症状が出なければ、もう病院には来なくて良いとのことでした。薬を再度飲み続けたあと、特に症状が出なかったので病院には行っていません。

 

風俗は懲りて止めようと思ったが、今でもたまに・・・

風俗に行くのはもう辞めようと思いました。しかし、時間が過ぎればあの時の苦しみを忘れてしまうのでしょうね。今でもたまに風俗に行きます。

 

治療しないで悩んでいるより、1日も早い治療を

治療しないで悩んでいるよりも、一日でも早く治療をすることが不安の解消に繋がります。注射の痛みも一瞬です。まず病院へ行くことが先決だと思います。

 

自宅で定期的な性病検査をしよう!

おすすめの性病検査キッド

オススメ検査キットNo.1
迷ったら予防会を選べば間違いない。

予防会は【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。

「ネットで迅速に検査結果」が見られ、
病院と同様の結果が得られます。

検査もカンタン!!

差出人も「予防会」または「早川」から選べ、
内容物が分からない状態で届くので安心。



〜絶対に知っていて欲しい性病の基礎知識まとめ〜


性病に感染しているのに「9割以上の人は無自覚」

「不妊症や重大な症状」が出てから初めて気づくので、
現在すでに「性病に感染している可能性」もあります。


★知っておいて欲しい性病の基礎知識

【梅毒への感染が流行中】梅毒の症状、感染経路、検査方法まとめ

2017.09.22
★性病で辛い経験をした方の体験談

胸が痛くて息が吸えない状態に!まさかクラミジアが原因だなんて

2017.09.05
★性病検査キットの基礎知識

性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

2017.09.26
性病キットへのご不安がおありな方はこちらをお読みください。

定期的に検査をして「自分自身と大事な人」を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です