自然治癒で性病は治らない!ホストのお客は「キャバ嬢、風俗嬢、AV嬢」不特定多数との性的関係

年齢:20歳
性別:男性
病名:クラミジア
検査方法:病院
完治までの期間:約2週間
治療費:約10000円

ホスト時代に不特定多数との性的関係を持った

私は以前都内某所でホストをしていました。自分についてくれていた不特定多数のお客さんと性的関係になったことがあります。

最初は、「セックスは単なるもっとお金を稼ぐための手段であり、お店に行かずに手軽にセックスして気持ち良い思いができるからラッキー」といったように軽く考えていました。

安易なセックスからは性病に成りやすいことも知っていましたが、当時の私は「自分がなわけない」と一切気にしていませんでした。

しかし、ある日、トイレに用を足しに行ったときに尿道から膿のようなものが出ていました。そしてその後、おしっこをする度に尿管がチクチク痛むような感覚がありました。

この時に私は性病を疑いましたが、なぜか焦る気持ちもなく「なったらなったで治せばいいや」といった気持ちでした。

 

自然治癒で治そうとしたが、性病は治らない!

性病を疑ってから少しの期間は「自然治癒」で治そうと思いました。若かったので何でも自然治癒で治ると思っていたハチャメチャな時でした。

しかし、性病感染者は1つの病気にかかっただけで放っておくと、その後HIVをはじめとしたその他もっとやっかいな性病にかかりやすくなることをネットの口コミ情報や体験談で知りました。

そうすると、医療費も馬鹿にならなくなってくるので、病院に行こうと決めました。

正直、性病の治療というのはものすごく恥ずかしかったのですが、同じ職場のホストの先輩に話を聞くと、先輩も性病に以前成ったことがあり、近隣のホストが性病にかかった際に頻繁に利用する病院がある、とのことで紹介してもらい、そこの病院に行きました。

 

クラミジアにかかった人は、HIVに感染する確率が10倍増える!

検査方法は尿道に少しだけ細い綿棒のような物を入れました。自分でやるか聞かれたのですが、もちろんやったことはないし、自信も無かったので先生にお願いしました。

性病に関して軽く考えており、緊張感や焦りも一切無かったのですが先生の前で下半身裸になるのはさすがに少し恥ずかしかったです。

そして、待合室で待つこと20~30分ぐらいで検査結果が出ました。結果はクラミジアでした。判定の結果には正直納得でした。

不特定多数の女性と関係を持っていたし、思い当たる節はいくつもあったからです。

そして、先生から「クラミジアなどの性病にかかった人は、その後セックスでHIVに観戦する確率がそれ以外の人の10倍は増えるからね」と言われたことにはさすがに考えさせれました。

 

ホスト時代のお客は「キャバ嬢」「風俗嬢」「AV嬢」など

私は20歳の頃に都内某所のホストクラブでホストをしていました。

嬉しいことに自分を指名してくれる女性もたくさんいました。そして、その女性を自分に毎回結構な金額を使ってくれるお客さん、つまり「太客」にしていくためにあらゆる手段をつくしました。

お店で一緒に飲む以外に同伴やアフターは当たり前で、時にはセックスをすることによって自分にもっと夢中にさせていくこと、つまり「枕営業」もしていました。

もちろん、1度に多くの女性と連絡を取り合い、全ての女性に同じサービスをしていました。且つ、客の女性のほとんどは「キャバクラ讓」「「風俗讓」そして「AV女優」といった性に関する夜の仕事をしていた方がほとんどなので、私の原因はほぼ確実に不特定多数の女性とのセックスだと思います。

自分が性病だと知ったときは、「へー、そうなんだ。やっぱりね。」と意外とあっさりしてました。

 

病院のドアを開けると中には同業者とわかる人が3名

性病経験者の先輩のホストの薦めで行った病院ですが、最初に行ったときには驚きました。

なぜなら病院のドアを開けて中にに入ったときに見た目ですぐにホストとわかる方が合計3名既に待合室で待ってました。

その内一人は何となく見たことがある人でした。「ホストが性病になった際に行く病院」という噂は本当だったのでしょう。

私は性病になったときも「へー、そうなんだ」といったように一切焦らず落ち着いていたので恥ずかしさは多少有ったものの緊張は全くしませんでした。

いくつか治療方法はある、と病院の先生には言われましたが、私は服薬治療でした。何回か通いましたがその後も特別な治療はありませんでした。なので、想像していたような下腹部への注射や直接薬を塗ることはなかったので「案外あっけないんだな」と思ったことを覚えています。

 

病院での再検査を行い、完治したことを確認

病院から指示された薬を飲み続け、指示された日に通院しました。そして、再度検査をしたときに「治った」という先生からの確認をもらいました。

 

 未来のパートナーのためにも早い治療を

私と同じように性病に対して楽観的に考えている人もいると思いますが、不安があるなら病院に行ってください。そして、病気にかかっていたら早めに治してください。それは未来のパートナーとの関係にもつながってきますよ。

 

 

自宅で定期的な性病検査をしよう!

おすすめの性病検査キッド

オススメ検査キットNo.1
迷ったら予防会を選べば間違いない。

予防会は【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。

「ネットで迅速に検査結果」が見られ、
病院と同様の結果が得られます。

検査もカンタン!!

差出人も「予防会」または「早川」から選べ、
内容物が分からない状態で届くので安心。



〜絶対に知っていて欲しい性病の基礎知識まとめ〜


性病に感染しているのに「9割以上の人は無自覚」

「不妊症や重大な症状」が出てから初めて気づくので、
現在すでに「性病に感染している可能性」もあります。


★知っておいて欲しい性病の基礎知識

【梅毒への感染が流行中】梅毒の症状、感染経路、検査方法まとめ

2017.09.22
★性病で辛い経験をした方の体験談

胸が痛くて息が吸えない状態に!まさかクラミジアが原因だなんて

2017.09.05
★性病検査キットの基礎知識

性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

2017.09.26
性病キットへのご不安がおありな方はこちらをお読みください。

定期的に検査をして「自分自身と大事な人」を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です