陰部の痒みを我慢して半年!性病検査が恥ずかしくて病院に行けなかった。

年齢:22歳
性別:女性
病名:膣カンジダ
検査方法:病院
完治までの期間:約1ヶ月
治療費:約10000円

デリケートゾーンの痒みで病院に行くのが恥ずかしく2ヶ月放置

ある時、外陰部がなんとなく痒いなと思い始め、と思っている間についついトイレに行った時など掻いてしまうような痒みに変わり、なんだろう?と思っている内に痒い部分が広くなっていき、最終的には膣の中までムズムズするようになってきました。

痒みが始まってから1ヶ月くらいは、生活に支障をきたすような痒みではなかったのですが、1ヶ月を過ぎる頃には立っているだけでムズムズとして、たまらないような痒みになっていました。

しかも掻いたら掻いたで、掻いている時だけはものすごく気持ちがいいものの、その後しばらくすると痒みがぶり返し、余計に痒みが増すような気がしました。

市販の痒み止めクリームなどを塗っても一向に痒みが改善しないので、さすがにこれはおかしい、性病かも?と2ヶ月経ってやっと気付きました…。

でも、最初はデリケートゾーンのことで産婦人科に行くのがものすごく恥ずかしい気がして、なかなか行動に踏み切ることができずにいました。

 

どの専門家も「早く受診しましょう」という意見、今思えば「そりゃそーだ」

性病検査をしようと決意したのは、外陰部に痒みを感じてから、なんと半年後!それまでずっと産婦人科を受診することが恥ずかしく億劫で、自分でインターネットで症状に合う病気を調べたり、市販薬で良いものがないかと探し回ったりしていました。

正直、半年もの期間ずっとそんなことをしていたため、おそらく自分が性器カンジダだろうということは症状からわかっていました。

なので、検査というよりもカンジダだということをはっきりさせて、早く治したい!その一心で受診を決意しました。

インターネットでよい市販薬などを調べても、受診していなければ手に入りにくく、手に入るものでカンジダに効くものはないかと調べると、どの専門家の方も「早く受診しましょう」というご意見でした。今思えば、そりゃそうだ、の一言です。

 

痒い思いを半年我慢し、勝手な判断で市販薬を使用していた。 後悔、早く受診すればよかった。

自分が性器カンジダだろうということは、うすうすわかった上での検査だったので、カンジダ菌の陽性結果が出た時は「やっぱりな。」という冷静な感想でした。

私は検査にあたって、こんなに痒い思いを半年間も我慢し、勝手な判断で市販薬を使用していたので、きっと陰部を見たお医者さんにものすごく怒られるだろうなぁと思っていました。

それが余計に病院から足を遠ざけていた一因でもあります…。でも、受診してみると、お医者さんは平然とした様子で、「痒かったでしょ。」と一言。責められることも一切なくカンジダの治療について丁寧に説明をしてくれました。

検査自体も組織をとるだけで、何も怖いことはありませんでしたし、あ〜早く受診すればよかったな〜!と心から思いました。

 

カンジダ菌はもともと体の中に常在しているもの

私の中で性病のイメージといえば、不特定多数の人と性行をしていたり、避妊を怠っていたり、というイメージが強かったので、一人の人としか性行もしていないし、避妊具もちゃんとつけていたのになぜ?と最初はものすごく不思議でした。

しかしお医者さんに話を聞くと、カンジダ菌は元々体の中に常在しているので、それがなにかの原因で増殖して悪さを働いている、ということでした。

その原因となるのが、ストレスや体調不良、通気性の悪い服の着用、ホルモンバランスの乱れなど、ということで、合点がいきました。確かに私はその時、寝不足気味な生活を続けていましたし、服装など衛生的にあまり配慮していなかったなぁと反省しました。

そんな原因で性病にかかることもあるんだなぁという驚きと、性病にかかることはふしだら、恥ずかしい、という自分自身のイメージを改める必要があると思いました。

 

半年苦しんだ痒みが3日で劇的に改善された!早く治療すればよかった

検査で陽性が出ると、産婦人科の先生は、外陰部用のカンジダ菌を殺す塗り薬と痒み止めの塗り薬、そして膣内用の固形薬の3種類を2週間分出してくれました。

これまで私は勝手な判断でステロイドの含まれる市販薬を塗ったり(絶対にダメだそうです!)していたけれど、全く効果がなかったので、治療にもある程度の時間がかかるだろうと思っていたのですが、お医者さんからいただいた薬の効果は抜群でした。

私が半年も苦しんだ、転げ回りたくなるような痒みを、3日も経たない内に消してくれたのです。

見た目も、外陰部は真っ赤になって、皮膚がただれたようになっていたのが、治療を始めてから一日一日みるみると綺麗になっていくのが見てとれました。

本当に気分が軽くなって、半年間ずっと背中に背負っていた重い岩がどいてくれたような晴れやかな気分でした。

 

定期的な受診と1ヶ月後の検査で完治を確認

お医者さんはちゃんと定期的に受診をすることを指示してくれたので、その指示に従い、一週間ごとに受診をしていました。治療を始めてから1ヶ月経った時に検査を受け、無事カンジダ菌が消えていることが確認できました。

 

普段から清潔に保つように気をつけ、性行為の時はコンドームを

もう二度とあんなに痒い思いはしたくないので、じっとりと湿気のある時などは特に、下着をかえるなど衛生面に気をつけています。また、カンジダも人に感染する病気だということで、性行為をする時には、きちんと避妊具をつけることに気をつけています。

 

恥ずかしがらず病院へ。あなたの気持ちはわかります。半年間受診しなかったわたしだから

私のように、なかなか誰にも恥ずかしくて相談できず、自分でなんとか治療しようと画策されている方がいると思います。

その気持ちは痛いほどわかります。なんといっても半年間受診を粘った人間なので…。

でも、勇気を出して一度受診をすればわかることですが、なにも恥ずかしいことではありませんし、お医者さんはあなたの味方です。

厳しい先生にあたったとしても、ちゃんとした治療を受けて回復を実感すると、そんなことは健康に比べればどうでもいいことだと、きっと思うはずです。

治療が始まれば、全然大した病気じゃなかったんだと実感しますよ。自分で病気をひどくすることはやめて、きちんと検査や治療を受けることをおすすめしたいです!

それでも、私のように病院での検査に踏み切れない人であれば、まずは性病キットで検査すると良いと思います。

性病キッドの検査も高確率でわかりますし、何よりも1週間程度で結果がわかります。

病院に行くハードルが高いのであれば、まずは性病キッドを利用してみる。

自宅で定期的な性病検査をしよう!

おすすめの性病検査キッド

オススメ検査キットNo.1
迷ったら予防会を選べば間違いない。

予防会は【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。

「ネットで迅速に検査結果」が見られ、
病院と同様の結果が得られます。

検査もカンタン!!

差出人も「予防会」または「早川」から選べ、
内容物が分からない状態で届くので安心。



〜絶対に知っていて欲しい性病の基礎知識まとめ〜


性病に感染しているのに「9割以上の人は無自覚」

「不妊症や重大な症状」が出てから初めて気づくので、
現在すでに「性病に感染している可能性」もあります。


★知っておいて欲しい性病の基礎知識

【梅毒への感染が流行中】梅毒の症状、感染経路、検査方法まとめ

2017.09.22
★性病で辛い経験をした方の体験談

胸が痛くて息が吸えない状態に!まさかクラミジアが原因だなんて

2017.09.05
★性病検査キットの基礎知識

性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

2017.09.26
性病キットへのご不安がおありな方はこちらをお読みください。

定期的に検査をして「自分自身と大事な人」を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です