生でするセックスはリスクがいっぱい!彼氏の性病が完治しておらず、膣カンジダと淋病を併発

年齢:27歳
性別:女性
病名:淋病とカンジダの併発
検査方法:病院
完治までの期間:約1ヶ月
治療費:約10000円

デリケートゾーンの痒みがひどく、仕事に集中できない

最初は「デリケートゾーンが少しかゆいな」といった感じでした。

季節は冬でしたが、室温の高い部屋にいるときなどは汗をかき下着が蒸れてかゆくなる…ということもありましたので、そこまで気にしませんでした。

しかし2~3日するとだんだんかゆみが強くなり、掻かないと居ても立っても居られないくらいになりました。

当時は立ち仕事をしておりましたが、服の上からとはいえ人前でデリケートゾーンを触ることはとても恥ずかしく、トイレに行ったり棚やデスクなどに隠れて掻いたり軽く叩いたりして気を紛らわせていました。

「かゆいから掻きたい」という気持ちと「人前で掻くのは恥ずかしい」という気持ちで頭がいっぱいになり、全く仕事に集中できなかったことを覚えています。

 

とにかく痒みから解放されたくて病院へ

「性病かもしれない」という疑いはあったのですが、耐え難いかゆみに襲われていたので、とにかく「このかゆみから解放されたい!」という気持ちが強かったです。

そのため、性病の検査をすることへの抵抗感はほとんどありませんでした。一日でも早く検査をしたかったので、仕事は午前休を取得し、自宅の最寄り駅にある産婦人科へ朝一で行きました。

近所に産婦人科が複数ありましたが、インターネットで「○○駅 産婦人科 口コミ」というワードで検索し、中でも口コミが良かった産婦人科を選びました。

私の偏見かもしれませんが大学病院は待ち時間が長いイメージがありましたので、最初から候補外にしていました。しかし、結局私が利用した病院も予約制ではなかったので、1時間ほど待たされましたが…。

 

膣カンジダと淋病を併発していた

検査方法は尿検査とおりもの検査でした。

尿検査の結果が出るまで1週間ほどかかりましたが、当日のおりもの検査と問診で、膣カンジダだと診断されました。

かゆみの原因が分かったこと、そこまで症状が進行していなかったこともあり、安心したことを覚えています。

検査前は「かゆみの原因が分からなかったらどうしよう、このかゆみから解放されないのか」ということを考えていましたが、検査中は「すごく思い病気だったらどうしよう」「妊娠できない体になっていたらどうしよう」と余計なことまで考えていました。

一週間後の尿検査の結果によって「淋病」も併発していることが分かり、また不安な気持ちに襲われましたが、こちらも症状は軽く、当日に点滴を打ってもらえたことで不安な気持ちは消えていきました。

 

原因は彼氏の性病が再発、完治していなかった

性病になった原因は、彼氏の元交際相手が原因でした。

私の当時の彼氏はコンドームでの避妊をしない人で、それは元交際相手との性交渉時も私との性交渉時も同じでした。

彼氏の元交際相手が菌を持っており、彼氏は当時も性病になって通院したとのことです。しかし、症状がなくなったことを完治したと勘違いし、治療を途中でやめてしまったことで再発したようでした。

私が「性病にかかっているかも」と思ったきっかけも、彼氏からの連絡でした。「俺の性病が再発したかもしれない、当時と同じ症状が俺の体に出ている」「病院へ行ってみて欲しい」と電話があったのです。

その時点で既にデリケートゾーンに強いかゆみを覚えていた私は、「やっぱりそうか!」と納得したことを覚えています。

 

 
❌ブブーだめですよー!!!
病院へ行くのが面倒であれば、検査キットを使って完治したことを確認しましょう!!
完治していないと性病を拡散してしまうし、
再発したのをそのままにしておくと、不妊の原因にもなります。

→性病検査キットで完治を確認する

尿検査と内診 内診は座ると自然に開脚させられる(笑)早く終われ〜!

「自分が初めて産婦人科へ行くのは、妊娠する時だ!」と思い込んでた私は、まさか性病疑惑で足を運ぶことになろうとは想像していませんでした。

他の利用者はほぼ妊婦さんに見えましたし、「性病が原因で来ているのは自分だけなのではないか」という居心地の悪さを少し感じました。

実際の待合室はとてもきれいで素敵な場所でしたが、不安な気持ちを抱えているとどんどんマイナス思考になっていくんですよね…。

検査方法は尿検査とおりもの検査でした。尿検査は、渡された紙コップを持ってトイレへ行き、コップの半分くらいまで尿を入れて特定の場所へ置くというごく普通のものでした。

コップを置く場所もトイレに設置されており、医師に直接渡す必要もなく気が楽でした。逆におりもの検査は全く快適ではありませんでした。

イメージは子宮がん検診に似ています。診察室でボトムス、下着(パンティ)を脱ぎ、椅子に座ります。この椅子、左右の足を置く位置が決まっており、「座ると自動的に開脚させられる」んですよね(笑)。

そして診察がスタートします。カーテンで仕切られた先で検査が行われるので実際にどんなことをされているのか分かりませんが、膣に細い金属の棒を入れられて、中を少しこすられた感触がありました。

脚を開いて検査を受けている間は医師と対面することはないのですが、羞恥心と膣への慣れない刺激で「早く終われ~!」と心の中で叫んでいました。

 

完治の確認は1週間後に再度おりもの検査で確認

産婦人科医で確認しました。一通りの治療を受けた後、「1週間後にまた来てください」と言われ、再度おりもの検査をしました。

 

性交渉時はコンドームを着けてもらう、そして性病は完治したことを確認しよう

まず、性交渉時にはコンドームをつけてもらうようにしました。そして、性病になってしまったとしたら、自分だけではなくパートナーもしっかり病院へ通ってもらい、完治させることを徹底すべきだと思います。できれば、一緒に病院へ行ったほうがいいですね。

 

妊娠できなくなる前に治療を、不安があるなら明日にでも病院へ

産婦人科へ初めて行く時、とても緊張する人が多いのではないでしょうか。

しかし、実際行ってみると普通の病院となんら変わりはありません。少しでも不安な気持ちがあるなら、明日にでも病院へ行くことをおすすめします。

なぜなら、軽度の症状であっても、完治まで時間がかかるからです。私も、約一か月の間に4回ほど通院しました。

そして、費用も安くありません。症状が重くなると、時間もお金もかかります。最悪の場合、妊娠できない体になってしまうかもしれません。私のエピソードで、少しでも気持ちが楽になってくれることを願っています。

 

自宅で定期的な性病検査をしよう!

おすすめの性病検査キッド

オススメ検査キットNo.1
迷ったら予防会を選べば間違いない。

予防会は【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。

「ネットで迅速に検査結果」が見られ、
病院と同様の結果が得られます。

検査もカンタン!!

差出人も「予防会」または「早川」から選べ、
内容物が分からない状態で届くので安心。



〜絶対に知っていて欲しい性病の基礎知識まとめ〜


性病に感染しているのに「9割以上の人は無自覚」

「不妊症や重大な症状」が出てから初めて気づくので、
現在すでに「性病に感染している可能性」もあります。


★知っておいて欲しい性病の基礎知識

【梅毒への感染が流行中】梅毒の症状、感染経路、検査方法まとめ

2017.09.22
★性病で辛い経験をした方の体験談

胸が痛くて息が吸えない状態に!まさかクラミジアが原因だなんて

2017.09.05
★性病検査キットの基礎知識

性感染症が心配、病院と同様の結果が出る郵送の「性病検査キット」を今すぐ注文!

2017.09.26
性病キットへのご不安がおありな方はこちらをお読みください。

定期的に検査をして「自分自身と大事な人」を守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です